スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

【小説】がんじがらめ爆発

自作短編小説その1でございます。





がんじがらめ爆発


 ちんすこうがまた爆発した。
 幸い軽い火傷で済んだものの、もしあれがサーターアンダギーだったら……考えただけでも身の毛がよだつ。
 私はトイレから机に戻り、濡れた手をズボンでぬぐって仕事を再開した。水ぶくれしなければ良いのだが。

 私が働くオフィスにはお菓子箱がある。社員が持ち寄ったお菓子が集められており、誰でも好きなときに食べることができる便利なシステムだ。
 最近、そのお菓子箱が沖縄のお土産で占領されている。そう、布細工で彩られた炊飯器サイズの木箱に沖縄ハイチュウとちんすこうとサーターアンダギーが溢れんばかりに堆積しているのだ。もちろん私が触れればビルごと吹っ飛ぶのは間違いないだろう。それゆえこのところ甘いものにありついていない。今日は大丈夫だと思ったのにやはり爆発した。
 そもそもどうして触れただけで爆発するのだろう。最初は中に火薬でも仕込まれてるのかと思った。残念ながら犯人に思い当たる節が無いわけでもない。
 しかし調べようにも触ればドカン、目の前の川村さんがちんすこうを口に含んでいるのを見ても、火薬の線は薄い。ちなみに川村さんは眼鏡を外すと可愛い小柄な女性というとてもベタなお人であり、私の憧れの的だ。34歳。
 ちんすこう爆発……響きはシュールだが実際問題、これはとてもとても怖ろしいことだ。
 何しろ、私の勤める会社には全身がちんすこうで形成された『ちんすこう人間』がいる。経験上サイズと爆発力は比例する。45キロものちんすこう……つまりそいつに触れた瞬間、近辺はほぼ壊滅するはずだ。
「やあ栗山くん、元気かね」
「ぼちぼちです」
 ウワサをすれば影、女性特有ものとは異なる甘い匂いがオフィスに充満する。ちなみに栗山とは私のことだ。
「げ、もうお昼休みじゃないか。社会人失格だなあこりゃあ」
 オッサンみたいな口調をインプットされた、この砂糖臭い女性が例の『ちんすこう人間』清水である。見た目は完全にパーフェクトにスパシーパに普通の人間であるものの、時折砂糖の塊が見える絹のような肌からポニーテールまで全てちんすこうでできている。さすがにフレッシャーズスーツは某青山で買ったらしい。
「清水、理由はあるんかえ」
 やる気なく主任殿が聞いた。
「寝坊です。大変申し訳ないです」
 本当は賞味期限切れが近いので中枢部分以外を焼きなおしてきただけである。そのためかちょっぴり湯気が立っていた。
 ところで『ちんすこう人間』清水の会社内での立ち位置はあくまで社員である。別にマッドサイエンティストが作ったわけでもないし、社運をかけた次世代型商品でもない。むしろ我が社はただの建築会社であり、この人(?)は普通に試験を受けて普通に入ったきたのだ。
 社長殿の「差別のないように」との一言とともに。
「くーりーやーまーくーん」
 ちんすこうの塊が忍び寄ってくる。遅刻したわりに反省の色がないのはバグなのだろうか。何の混じりっけもない明るい笑顔を見せてくれる。
「何ですか清水さん、とりあえずあっちいってくださいよ」
「最近ちょっと冷たいねえ、キミ」
「……そうですかね」
 そりゃ触れた瞬間ドカンですから。いやドッカーンかもしれない。どちらにしろシャープな音ではないはずだ。
「まあいいや。今日は何を食べようかね、考えといてね」
 そう言い残して、清水は香ばしい匂いとともに自らの机のもとへ去った。

 かくして私は爆発の危険と隣り合わせの生活を続けている。
 慎重に過ごせば大丈夫だと私は思う。とにかく沖縄産のものを敬遠すればいい。本州ではそうそう見ることはないはずだ。
 問題は、たまに物陰からシーサーを投げてくる謎の存在と、どうもお菓子の分際で清水は私に好意を持っているらしいということだ。男の思い込みではない。ミニマム眼鏡・川村さんのお墨付きだ。彼女のお局力をなめてはいけない。



 昼休みの社員食堂は常にガラガラである。
 お世辞にも美味しいとはいえないため、社員達はこぞって北浜や天満橋のランチセットを漁りに出かける。
 そんな社員食堂で私はある男とコンタクトをとった。
「ありえないな」
 彼は私の悪友で名を名原健太という。若くして世界爆破発破大好きクラブの副会長を務めたが、モサドとかいうどっかの警察みたいなやつに国際手配されたため現在流浪の身である。彼とは大学のサバゲー同好会で知りあって以来、不思議と縁が途切れない。
 そんな爆弾のプロ曰く、ちんすこうに爆発するような力はないらしい。
「変な味はしないんだろ?」
「川村さんは何でも美味しいってけど、たぶんそう」
 もちろん私は食べられない。死ぬ。
「無味無臭の火薬か……でも信管は……」
 しばらく名原はぶつぶつ言ってたので私はうどんをすすることにした。
 良かった、こいつは犯人じゃなさそうだ。
 ずるずるずる。
 麺のコシもスープの味もいまいち。実家の香川なら開店休業ものだろう。

「くーりーやーまーくーん!」

 急にうどんが甘くなった気がした。
 そういえば一緒に昼食をとる予定だった。完全に忘れていた。
「なんで約束やぶるかなあ、私は悲しいよホント」
 目を伏せ、腕を組んで呆れたようなポーズをとる巨大なちんすこう。
 今度はジト目でにらみつけてきた。だからこの人は苦手だ。
「すみません、急用ができたもんで」
「急用ってそちらの方との食事かい? 先客は私のはずだがねえ」
「大事な話なんですよ」
 早くどこかに行ってくれ。
「ほう、話を聞こうか」
 逆効果だった。
 まあ、名原にこの人のことを説明するのが面倒くさかっただけだが……。
「何か困ったことでもあったのかい?」
 いいだろう。この際話してやる。
 そうすれば簡単には寄ってこなくなるはずだ。
 私は息を吸い込んだ。
 隣に座った清水もマジメな顔になる。普段の演技じみた表情とうってかわって、こう見ると意外に整っているというか、可愛らしい気もしてきた。無論、ちんすこうなど好み以前の問題だが。

「最近、私が触れると沖縄土産が大爆発するんです」
「ふざけんなーーっ!!」

 ぶちまけられる天ぷらうどん。塗装の剥げた安物のお椀はテーブル対面の名原の顔にクリーンヒットした。
「触った瞬間、かつ識別装置……熱いな」
 さすがは中東の死線をかいくぐった男だ。動じない。
「ならアレか、私がキミに触れたら……そ、その……ドーンってなるのかい? ありえないというか普通に考えてみなよ、常識って奴を!」
 それをあんたが言うか。
「そんなの、無い、無いだろよお……」
 一転してメソメソしだす清水。どうしたんだ全く。感情の起伏が激しいお菓子だ。
 あ、そうか。こいつはそうだったな。ああ……。
 私は清水にハンカチを渡し、ティッシュを名原に差し出した。
 汁まみれの男と涙するちんすこう。ずいぶんバラエティ豊かなテーブルになってしまったものだ。

 その時だった。
 空を舞うマーライオン。
「いや、あれは……!」
 私はとっさに席を立ってそれを避けた。
 安物なのか床にぶつかり粉々になる某国の象徴はフェイク。
「本命はこっちか!」
 同じ方向から飛んできたシーサーを左手の携帯電話で打ち返す。あらぬ方向に飛んだ守護神は名原の頭に激突して、そのまま床に墜落した。一般的な赤いものではなく緑色をした土産用の陶器なのであっさりと2つに割れる。
「今のが例の奴か?」
 頭をさすりながらも平然としている名原が少し怖い。
 安心して振り返ると犯人はもういなかった。
「追いかけないのか、栗山」
「前にそうしたら罠にはまった」
 床が大量のちんすこうで敷き詰められ、靴が1足台無しになったことがある。
「まるで殺気が感じられなかった……プロだな」
「確かにいつも不意打ちだ」
「むう……それにしても何者だ、意味がわからん」
 意味不明といえば、清水。
 そんな思考回路の短絡回線の導きで隣の席を見ると、そこに等身大ちんすこうの姿はなかった。



「申し訳ない、シーサーを投げつけられて立ち往生してるうちに逃げられてしまった、すまん」
 その言葉にウソはなく、エレベーターホールには割れたシーサーが散乱していたし、清水も下を向いたままだった。
 なぜか甘い匂いが引いた気がした。
 その後、たまたま主任殿に見つかり、とにかく見栄えが悪いので掃除するように命じられ、実行した。
「大丈夫ですか、清水さん」
「心配することはないよ、栗山くん。次は捕まえてやるさ」
 清水は右腕に力こぶを作ってみせた。
「いや、身体壊れたりして……」
 ふっと何かが流れた。
 一瞬驚いた顔を見せてから、清水は穏やかに微笑んだ。
「私は大丈夫だよ。いくらでも身体なんぞ作りなおせるからね」
 そう、この人はちんすこう。中枢部分以外はただのラードと小麦粉と、砂糖だ。
 だから何か気にする必要はない。所詮お菓子だ。
「清水さん、触っても爆発しなくなったら、そのポニーテールに触らせてください」
「フェティズムかね。大歓迎だよ」
 でもお菓子と仲良くなって悪いなんてことはないはずだ。
 それも身を挺して私を襲った奴を捕まえにいくような、最高のスイーツだぞ。
 最近甘いものにご無沙汰なんだ。その時は髪の先でも食ってやろう。
 しばらく清水は『ハイサイおじさん』をエンドレスで歌っていた。



 作戦は川村さんが立ててくれた。
 決して暇なわけではないが至急の仕事もなかったので、課の皆で話し合いすぐに案はまとまった。
「あんまりお菓子食べないなーと思ってたら、そういうことだったのね」
 川村さんが心配してくれた。ちょっと嬉しい。
「あのゴミもそういうことだったのか……」
 主任殿もうんうん頷いている。
「すまんかった」
 清水以外には厳しい主任殿から、最高の言葉を引き出せた。雪でも降るんじゃないだろうか。

 さて、名原の調べによると、私の謎の能力はどうやら琉球王国の伝統的な呪いらしい。
 歴史的に中原の王朝に従属していた琉球には、大陸からいろんな文化が流れ込んでいた。
 古代の中国に炮烙という刑罰があった。
 とてつもない業火の穴の上に油を塗った丸太をかける。囚人が丸太を渡りきったら無罪。もちろん油のせいですべったり転んだり、だいたいの囚人は火の海に投げ込まれたらしい。
 それが琉球に伝わり、爆殺刑となった。
 しかし島国に無限の火薬があるわけもなく、困った国王はユタと呼ばれる祈祷師に解決策を求めた。
 そこでこの呪いが誕生したのである。
 琉球――今の沖縄のものに触れた瞬間、爆風が吹き荒れる。つまり当時なら呪いをかけられた瞬間、地面が爆発したのだろう。怖ろしい話だ。
「ぜひ方法を知りたいもんだ」
 何をする気なのかは聞かないことにする。
「やはり犯人が私に呪いをかけたんですかねえ、シーサーを投げてくるってことは」
「だろうねえ、まあ捕まえて解く方法を聞けばいい話だよ、栗山くん」
 どこから自信が湧いてくるのか、ヒューマノイドちんすこうはやる気十分である。
「そして解いたら……ね」
 ちんすこうの意味深な微笑み。
 言っておくが、私はこのお菓子に一切気はない。そもそも私は既婚者だ。



 玄関で警備員に挨拶したのち、私は自動ドアの横すべりを眺めながら外に出た。
 今日の天満橋は暑くもなく寒くもなく、蚊もいない小春日和。
 脱いだトレンチコートを片手に私は昼食を食べにインド料理店へ向かった。
「Bセット1つ」
「かしこまりました」
 サリーを着ている日本人の店員が応対してくれた。川沿いの地下にあるため窓からは大川が間近に見える。有線のBGMと奥でナンを焼くコックだけが唯一インドの匂いを残していた。都会的で清潔で健やかな印象を受けるこの店は私のような賃金労働者に大変人気がある。安くて美味しいのはこの街では当たり前だ。
 さっそく料理が来た。2種類のカレーとライス、サラダにタンドリーチキン。全て鉄製の皿に盛ってあり、その上を大きくてアツアツのナンが横たわっている。このナンがなんと食べ放題なのだから信じられない。
 私は思わず見とれてしまった。
 その隙を犯人は突いてきた。

「栗山くん、甘いわね」
「そうですか?」

 犯人を追い詰めるためにわざわざ地下レストランを選んだ。
 1つしかない出入り口を張っておけば必ず捕らえられる。
 もちろん、店内に私だけなのは不安なので、味方を1人――そう、味方を。
「お菓子箱を沖縄まみれにしたのはアナタですよね?」
「あら、最初からわかってたの?」
「作戦会議の時、店内要員に立候補した時点で特定できました」
 川村千秋。
 ミミガーチップを私の背中に触れないように突きつけていた。テーブルとテーブルの間に立っているので他のお客さんや店員の邪魔になっているが川村さんは気にしない。
「じゃあ主任や清水さんも知ってるわけ?」
「いいえ……」
 信じたくはありませんでしたから。新入社員時代から尊敬しつつ憧れていた川村さんが犯人だなんて、私にはとうてい理解できなかった。
「馬鹿ねえ、それじゃどうしようもないじゃないの」
 そのままぶつけては爆風で自らも危ないからか、川村さんは席に戻る。
 そしてカバンの中から大量のミミガーチップを取り出した。
「ブタの耳よ、シーサーだと爆発が強すぎるから。それに数撃ちゃ当たるわ。なぶり殺しって奴かもね」
「どうしてなんです、川村さん」
 私には理由がわからなかった。私を殺そうと考えた理由が。
 私は何もしていない。
「ひとえに栗山くんが……憎いからよ!」
 窓からの光で眼鏡を白く染め、その小柄な身体からは想像もつかないほどの大声をあげた。それこそ私が外の清水さんや主任にも聞こえるんじゃないかと心配してしまうほどに。
「なんで結婚したのよ、どうして!」
「だって川村さんは私を振ったじゃないですか!」
「それで諦めてどうすんのよ! 馬鹿じゃないの! もっともっと男を上げなさいよ!」
「はい?」
「そして私に見合うぐらいの男になって、私を迎えに来てよ! お願いだから!」
 ますますもってわからない。何が言いたいんだ川村さんは……。
 激高して泣き叫ぶ川村さんを見て、サリーを着た店員さんが駆けつけてきた。至極当たり前である。
「お客様、他のお客様のご迷惑に……」
「うるさいわね、あんたも爆破してあげようか?」
「は、はい?」
 ミミガーチップを顔に突きつけられて怪訝な顔をする店員。これまた至極当たり前である。
「そうか、呪わなくちゃね……中枢部分はあるし、これならどうかしら?」
 川村さんはカバンからヒモのようなものを取り出した。これがウワサの中枢部分なのか。
「ちゅ、中枢部分!?」
「そうよ栗山くん……勘がいいわね。ほらほらできてきたわ、呪いの人形が」
 ふと見ると、川村さんが持つヒモに店中のナンが集まってきている。暖かいの冷めたの半分しかないのカレーに浸されたの、多種多様なナンが飛んできては合体していく。
 最後にヒモを離した時には、どう見ても中年男性にしか見えないナンの人形が完成していた。

 その時、私は全てを理解させられた。
 だが助けを求めるにはあまりに遅すぎた。



 呪いの、人形は、食べ物で、作ること。
 もし、囚人が、外国に逃げたら、追いかけるのが、人形の、仕事だ。
 人形は、意志をもって、囚人を、追い、続ける。
 それは、怖ろしい、光景でも、あるし、微笑ましい、光景でも、ある。
 大和では、心中ものが、流行している、らしい、よ。

   《おもろさうし第二十三巻/人形おもろの御さうし》より訳文



 とにかく白い。白すぎる。
 目を覚ますと病院にいた。白い壁やベッド、機器類に点滴ですぐにわかった――が病院独特の薬臭さは感じなかった。
「おお、お目覚めかね栗山くん」
 案の定、清水がいた。
 腹のあたりの縫ったと思しきところが痛い。できるなら二度とこんな経験はしたくないが、年をとれば自然と増えていくのだろう。
「大丈夫かね、ナース・コールしてやろうか」
「結構です」
 そんなことよりも聞きたいことがあるのだ。
 清水は何かを察したのか、おもむろにスーツのポケットに手をつっこんだ。
「これを見るといい」
 A5サイズの紙切れというには大きい、4つ折の印刷用紙を渡された。
 どうやら名原の書き置きらしい。またFSBとかいう組織に追われているのだろうか。
「呪いを解く方法だそうだよ、私も見せてもらってねえ」
「へえ、あいつどこで調べたんでしょう」
「いやいや、そうじゃなくてね……」
 それからしばらく清水が事の顛末を話してくれた。
 地下レストランから爆発音がしたので、急いで見に行ったら川村さんが勝ち誇った顔で謎の中年男性を羽交い絞めにしていた。
 口にミミガーチップを含みながら。
 あっさり御用となった川村さんだが呪術で立件はできず釈放されたらしい。
「栗山くん、あの女、許せないだろう?」
 そんな等身大ちんすこうはやけに笑顔だ。
「いや、やっぱりいままでお世話になってきましたし、私にとっちゃマドンナみたいなもんですから」
 さすがに爆発はやりすぎだと思うが。
「え、そうなのかい? 今となりの病室にいるんだけど」
「……何をしたんですか」
 しばらく悩んだ後、清水は人差し指を唇にあてて、豊かなアルカイックスマイルを見せてくれた。
 もはや聞くまい。
 なんだか、全部どうでもよくなった。
「あ、そうだそうだ。呪いの解き方だけどね……」
 清水は私の手から4つ折の紙を奪い取り、開いてからまた手に戻してくれた。右手が包帯まみれなのを気にしてくれたらしい。
 相変わらず出来の良いお菓子だ、全く。菓子職人に万歳……って川村さんか。


 栗山へ。
 マイクロウージーを持った男を見たので台湾に逃げることにした。
 そのうち整形して戻ってくる。心配するな。
 呪いを解く方法だが、川村が吐いた。
 その根本である人形を食えばいいらしい。簡単でよかったな。
 なんか行き遅れの私は結婚のハードルもなんたらとかブツブツ言ってたけど、どうしたんだ?
 おっと、誰か来たようだ。また会おう。


 しばらく病室には何も流れなかった。
 清水を食べる。名原はさらりと書いているがそれは――。
「いいんだよ。食べてくれても」
 それは――。
「味は保障するよ、牛乳と一緒だとなお良し」
 それは――!
「まあ45キロも食べたら飽きるかもしれないけどねえ」
「食べられません!」
「……わからないかね、君は」

「私は呪いの人形として作られた哀れなちんすこうなんだよ。お菓子にとって食べられることは幸せなんだ。最後くらいお菓子らしく消化してくれたっていいじゃないか、そうだろう、キミ」
 そのとてもとても明るい声は、時折、濁った。

「お菓子が涙を流したり、ご飯を食べたり、消費者を助けたりするもんですか」
「最近のお菓子はすごいんだよ……さあ」
 目をつむり、顔を寄せてくる清水。
 今の私は逃げられない。全身が包帯で巻かれ、なおかつ足は吊るされている。とても動ける状態ではない。
「……! ダメです清水さん!」
「奥さんも良いって言ってくれたよ」
「な……!?」
 あの馬鹿、何考えてるんだ。
 そんなことしたら、そんなことしたら。

 ちゅっ。

 とてもちんすこうとは思えぬ柔らかさと暖かさ。
「栗山くん、ずっと好きだったよ。そういうプログラムなのかもしれないけど……私は」
「そんなことしたら爆発するでしょ清水さん!」


 ドーン。







あとがき

約4年ぶりに小説投稿サイトってやつに投稿した作品です。
4月4日の軽戯言で晒したのちにちょっぴり改稿して現在に至ります。
見返すと荒っぽい文章ですね……。

ドレミネタやらCMネタ、おそらく誰も気づかないネタなど、いろいろ詰め込みました。
シャープにドッカーン!

舞台はところどころ地名が出てますが大阪の都心・北浜近辺。
ぶっちゃけ大○ビルです。あの黒いやつです。
後半に出てくるレストランも実在します。美味しいインド料理屋さん。大好き。

勢いで書いた感が否めない作品ですが、楽しんでいただけたら光栄です。
ではでは。
10 : 32 : 37 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【解説】がんじがらめ爆発 | ホーム | アイスレーダー基地X(突撃VS)>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://naisyodazo.blog35.fc2.com/tb.php/444-31ad8f61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

羊ケ丘クリキントン

Author:羊ケ丘クリキントン
 赤いサンタクロース。

 基本は突撃!ファミコンウォーズシリーズの攻略ブログだったんですけど、もう見る影もないような。
 攻略情報は残してあるので「突撃」カテゴリからどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

設置平成17年9月19日

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。