スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

大航海時代Ⅳ概要

大航海時代Ⅳ

概要
・大航海時代Ⅳはコーエーから発売されている、
 この会社の得意分野である、歴史シュミレーションゲームです。

・歴史系ゲームなのですが、同社の信長の野望などと違って、
 実在の人物は登場せず、架空の人物が全てを取り仕切っています。

・プレーヤーは4人の架空の人物の物語を体験する形で、
 大いなる大海原を舞台に、仲間の航海士たちとともに、
 船に乗って交易や探索、戦闘を行います。

・パソコン版とPSP・DS版が発売されていますが、
 この攻略記事ではDS版の「Rota Nova」を攻略対象としています。

・FWDS同様、評価は高いのですが販売台数は伸び悩んでおり、
 DS版は8千本しか売れませんでした。
 シュミレーションゲームの春はまだまだ遠いようです。

基本的ルール
・世界は7つの海域に分かれており、各地に様々な勢力が割拠しています。
 プレーヤーはその中でも小規模な勢力を率いている、4人の主人公を操作します。

・主人公以外にも、航海士という仲間がいます。
 航海士は、船内の担当部署におけるリーダーみたいなもので、
 甲板画面で「副官室」や「武装砲台」などに彼らを配置すると、
 さまざまな効果が得られます。航海士は全部で20人以上います。
 
・勢力には大きく分けて4つの種類があります。
 1つは、商売を主目的として考えている商会
 その商会や、時には正規軍をも襲い、金品を奪う海賊
 国家を守り、他国の勢力を排除する正規軍
 新大陸を征服している軍隊の指揮者である、征服者

・主人公にも勢力種が設定されていますが、
 このゲームは物語に拘束性がほとんど無く、自由度が高いので、
 どのように行動するかはプレーヤーの自由です。

・ちなみに、正規軍も商売をしますし、商会も戦争を行います。
 この時代は誰しもが利潤を得るために活動しているので、
 勢力の種類はけっこう曖昧なことが多いです。

・勢力の大きさは、所属艦隊の数と航路の長さ、勢力値で判断できます。
 艦隊とは1~5隻の船からなる船団のことで、
 総帥の意思に従いつつも、ある程度の自由な行動を認められています。
 つまり、総帥自ら率いる艦隊とは離れて行動していたりするのです。
 この艦隊の数が多いということは、船を多く持っているということです。
 航路の長さは、その勢力の行っている交易の範囲がわかります。
 勢力値は、町のシェア(後述)や遺跡の発見などで上昇します。
 
・なお、主人公も統率力150以上の航海士と、金貨10万枚、
 そして船があれば、地方艦隊という別働艦隊が作れます。
 コンピューターが自動で交易と戦闘を行ってくれるので、非常に便利です。
 手に入れた利益は、毎月主人公に納入されます。ウハウハです。
 地方艦隊にも大まかな命令は下せます。

・このゲームにおける最終目的は、7つの海の覇者の証を手に入れることです。
 主人公や、各海域で覇者の証の入手方法は違いますが、
 その海域における最大の勢力となり、なおかつ悪人を倒し、
 謎の小物と呼ばれるアイテムを2つ入手し、合体させて地図を作り、
 その場所を探索する事によって得られる場合が多いようです。

探索
・洋上コマンドの「探索」で探索が行えます。
 表示されている円形の範囲に水夫を派遣し、何も見つけられなかった場合には、
 疲労度+3のペナルティが課せられるので、探索は慎重に。
 疲労度とは、100を最大とした、自艦隊の水夫の疲れを示したものであり、
 航海時間が長ければ長いほど、増えていきます。
 疲労度が上がると、海戦で不利になりますし、反乱を起こす場合もありますので、
 こまめに港に立ち寄りましょう。

・探索でしか手に入れられないアイテムも多く、
 また、手に入れられるアイテムも、性能の高いアイテムが多いです。
 特に北海の「掃滅のカッツバルケル」は白兵戦で重宝します。

交易
・海に出るのも、商売を行うのも、全ては船の存在から始まります。
 主人公は最初から、船を持ってますが、大抵は小型船だったりしますし、
 また1~2隻程度しか持っていない場合が多いので、
 どんどん新しい船を買っていかなければなりません。
 そのためにはお金が必要。お金を得るには、交易が一番楽です。

・交易は都市間での商品の交換によって得られる利潤を目的とします。
 都市によって、物の値段は違いますから、その差額で儲けるのです。
 例えば、小麦を生産している都市では、小麦の値段は安いですが、
 生産していない都市では、小麦の値段は高くなるのです。

・また、利益率が5倍以上の交易路を黄金航路と呼びます。
 例えば、ラスパルマスの魚肉はヴェルデで5倍の値段で売れます。
 こういう情報はギルドが集めているので、情報を与えましょう。
 すると、2年間報奨金が貰えます。月々のいい稼ぎだ。
 
・交易は各都市の交易所という場所で行われます。
 交易所で商品を買い、別の町の交易所で売るのが基本です。

・しかし、その町における主人公の勢力のシェアが低いと、
 たくさんの商品を買うことが出来ません。
 シェアは100%を最大とした、その町における勢力の影響力のような物です。
 交易所で商業投資、王宮で軍事投資すると、その分シェアは増えます。

・商業投資をすることで、その町で売っている商品の種類が増えたり、
 既存の商品のグレードも上がるので、結果的に主人公の儲けは増えます。
 軍事投資は町の武装度が上がり、他勢力に攻撃されても降伏しにくくなります。
 また、主人公のその町のシェアが100%になると、
 毎月献上金が貰えます。投資次第でプレーヤーはウハウハになれます。
 100%になった後も、投資すればどんどん町は進化してきます。
 町の発展度は主人公の勢力値にも大きく影響しますので、
 どんどん投資して町を発展させましょう。

・しかし、せっかくシェアが増えて、売ってくれる商品数が増えても、
 船の「物資倉庫」の数が商品を一度に運べる数に相当するので、
 小型船だったり、船の数が少なかったりすると、一度にたくさん運べません。
 改造で他の船倉を、物資倉庫に変更してもいいですが、
 小型船では、改造できる余地が少ないので、難しいでしょう。
 商品の取り扱い数に応じて、どんどん船を買い換えていきましょう。

・自分のシェアが無い町では、王宮で契約料を払えばシェアを分けてもらえます。
 ただし、他勢力がシェアを100%握っている町では、契約できません。
 その場合、策謀などを駆使して、他勢力のシェアを減少させて、
 その隙に契約してしまう方法をとる必要があります。


・また、敵対勢力のシェアは、投資によって奪うことが出来ます。
 その場合、自分のシェアが増える分だけ、敵のシェアが減ります。
 これは、より多くの投資をしてくれた勢力に町が寝返るからです。
 敵が100%のシェアを持っている場合も、上記の方法で契約できるので、
 資金力があれば、投資だけで敵対勢力に壊滅的損害を与えられるのです。

・主人公や他勢力に共通して、全てのシェアを奪われると、
 その勢力は解散に追い込まれます。
 つまり、敵対勢力を倒すためにも、町への投資が必要なのです。
 
・ちなみに、投資以外のシェアの増やし方として、
 町に砲撃して降伏させたり、流行品を売ることによって増えたりします。
 また、敵対勢力との海戦に勝つと、その海域にある町の敵のシェアが2%下がり、
 敵対勢力のシェアがある町での主人公のシェアが1%上がります。

戦闘
・洋上で敵対勢力の艦隊に出会う、もしくはコマンドで他勢力の艦隊に攻撃を仕掛けると、
 シームレスでそのまま戦闘が始まります。

・戦闘には2つの戦い方があります。
 1つは、敵の船に突撃して、水夫同士で戦う白兵戦
 もう一つは、大砲で敵の船を撃沈させる砲撃戦

・白兵戦は、敵の船に自艦隊の船を接近させることで発生します。
 金属音と共に、画面には剣のマークが表示されます。これが白兵戦です。
 じわじわと両勢力ともに水夫が減っていき、水夫が0になったほうが負けです。
 水夫が多いほうが攻撃力も耐久力も高いので、たくさん乗せておきましょう。
 白兵戦で勝利すると、敵船を拿捕できます。
 拿捕した船を、自分の艦隊に編入させることは出来ませんが、
 敵が運んでいた交易品と、敵の所持金の一部が手に入ります。

・白兵戦の際、一定の確率で「一騎討ち」と「航海士対決」のイベントが起きます。
 一騎討ちは、船内の海兵詰所にいる航海士と敵艦隊提督の対決のことで、
 海兵詰所に誰もいない場合は、主人公自らが戦います。
 一騎討ちでは、表示された時にボタンを押すことで敵に攻撃できます。
 航海士の剣闘術と体力、そしてプレーヤーのボタン操作がモノを言う戦いですが、
 敵提督を倒すことができれば、敵の水夫の士気がかなり下がるので、
 あっという間に、敵旗艦を拿捕することができます。
 旗艦を拿捕した場合、旗艦以外の生き残っていた敵艦は逃げますが、
 敵の所持金の一部はちゃんと貰えます。

・敵勢力が複数の艦隊を率いている場合、
 総帥ではなく、敵勢力所属の航海士が提督をしている

主人公
・このゲームに登場する主人公は、隠しキャラを含めて4人です。
 祖国ポルトガルの復興を目指す少年、ラファエル
 金儲けがしたくて海に出たオランダの少女、リル
 軍備のほとんど無いスウェーデン軍の提督、ホドラム
 倭寇撃退のため、国の海禁策を破って海に出る女海賊、マリア

・このうち、ラファエルは初心者用という位置づけになっており、
 このゲームの遊び方を教えてもらいながら、ストーリーが進みます。
 非常にわかりやすいので、まずは彼でやってみましょう。

・各主人公にストーリーがありますが、拘束性はほとんど無いので、
 自分のしたいように遊べます。自由度が高いです。


その他、細かい設定は、別の記事や攻略記事で書いていきます。
以上、大航海時代Ⅳの概要でした。
14 : 40 : 16 | 大航海時代Ⅳ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<突撃!!ファミコンウォーズ諸設定集 | ホーム | 第一次方針転換>>
コメント

ラファエルって復興のためでしたっけ?
私の記憶では確かノリで海に出ちゃったみたいな感じがしたんですけど・・・。
by: FENRIR * 2009/07/21 23:07 * URL [ 編集] | page top↑

えーとネタバレでしがストーリーを進めると祖国ポルトガルがスペインに併合されてしまうんですよ。
それからはスペイン無敵艦隊を倒すために軍事力を蓄えるのが目的になります。
最初はノリでしたが、まあ高尚な目的が出来ちゃうんです。
リルさんは終始金儲けですけどね。
by: 所沢クリキントン * 2009/07/21 23:22 * URL [ 編集] | page top↑

黄金航路は利益率5倍以上の・・・とあり
ラスパルマスの金魚をヴェルデに売ると確かに黄金航路開拓と出ますが、ヴェルデにはギルドがないです。

なので、2年間報奨金が貰えるというのは誤りではないでしょうか?
それともギルドのない街に売ってもボーナスをもらえる方法があるんでしょうか?
by: * 2014/03/31 03:08 * URL [ 編集] | page top↑

私が持っているのはDS版ですのでPC版などとは勝手が違うかもしれませんが、基本的には5倍の利益率さえ発見できればどこの航路でも大丈夫です。
ギルドのある街が絡んだ航路である必要性は全くありません。
「これは黄金航路かもしれない」と人物が発言したらギルドに行ってみてください。2年間の報奨金がもらえます。
by: 宮城クリキントン * 2014/04/02 05:07 * URL [ 編集] | page top↑

>>宮城クリキントン様
かなり昔の記事に対しコメントしてしまって申し訳なかったです。
お早いお返事有難うございました。

黄金航路についてはいくつか発見しギルドに行けば報奨金貰えるのは知ってるんですが、ギルドのない街同士での場合はどうなるんでしょうか?

実は当方はPSP版でして、PSP版にはギルドのない街があります。DS版はどうか知りませんが全ての街にギルドがある訳じゃないです。

ネタバレすまないですが当方が先日書いた
ヴェルデ-ラスパルマスの黄金航路だと
黄金航路発見と出ますが双方共にギルドがないです。
なのでギルドに報告そのものが出来ないですが
こういう場合はどうするんでしょうか?
その台詞が出て「とっととギルドに報告しようぜ」と言われましたがいくら超人でも存在しないものに報告は出来ません。
報告をしない限り報奨金は出ないようですが・・・

例えばヴェルデ-ラスパルマスで金魚で黄金航路を作って、全く関係ないリスボンのギルドとかに報告って形でも大丈夫なんでしょうか?

まだ始めたばかりなのでそのあたりよく分からないです。
DS版でも構わないので何か情報掴んでましたらお願いします。
by: * 2014/04/02 19:16 * URL [ 編集] | page top↑

DS版とPSP版では操作以外に差異はないと記憶しております。
一応DSの実機で確認してみましたが、どんな経路の黄金航路であってもギルドは受け入れてくれます。
ですからマニラ=ブリストルのコショウ売買なんかでも全然大丈夫です。ご安心ください。
by: 宮城クリキントン * 2014/04/03 17:54 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://naisyodazo.blog35.fc2.com/tb.php/46-5ca0397f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

羊ケ丘クリキントン

Author:羊ケ丘クリキントン
 赤いサンタクロース。

 基本は突撃!ファミコンウォーズシリーズの攻略ブログだったんですけど、もう見る影もないような。
 攻略情報は残してあるので「突撃」カテゴリからどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

設置平成17年9月19日

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。