スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

【解説】がんじがらめ爆発

拙作「がんじがらめ爆発」の解説です。
まだご覧になっていない方は上のリンクからどうぞ。
解説が必要なほど難解かつ深い話ではないのですが、まあネタ解説ということで。

続きからどうぞ。






がんじがらめ爆発、恥さらしのセルフネタ解説。
いろいろと散りばめられていますが、わからなければどうというという奴です。


 完全にパーフェクトにスパシーパに(15行目)

どれも意味は同じ。ちんすこう人間・清水の見た目に対して。
それぞれ日本語・英語・ロシア語のはず。多分。


 そりゃ触れた瞬間ドカンですから。いやドッカーンかもしれない。どちらにしろシャープな音ではないはずだ。(27行目)

アニメ・おジャ魔女どれみのシリーズタイトルより。
個人的にはその前のクレヨン王国にノスタルジーを感じるところ。
EDの「ン・パカ・マーチ」はしりとりで一発逆転を狙える魔法の単語。


 世界爆破発破大好きクラブ(41行目)

ポケモンシリーズで暗躍するポケモン大好きクラブより。名原の所属する組織。
ビルの解体とか大好き。


 モサドとかいうどっかの警察みたいなやつ(41行目)

某イスラエルの諜報部。名原を追う組織。
中東で反イスラエルということは、名原はアメリカの敵なのでしょう。
きっとゴニョゴニョな組織で働いているのです。


 実家の香川なら開店休業もの(50行目)

香川のうどんは美味しいです。
ダシは大阪が上ですが、やはり麺に関してはとても適いません。
あのうどんなら毎日食べられそう。
社員食堂とか大学の食堂って地域差無くあんまり美味しくないですよね。


 一転してメソメソしだす清水。どうしたんだ全く。(81行目)

歌謡曲・勇気100%より。爆発のことを告げられて悲しむ清水。
言葉が足りなくてネタがわかりにくい例。
忍たまといえば上級生たちが妙に人気ですよね。特に一部の層から。


 あらぬ方向に飛んだ守護神は名原の頭に激突して、そのまま床に墜落した。一般的な赤いものではなく緑色をした土産用の陶器なのであっさりと2つに割れる。(92行目)

那覇の観光用商店街で売っている、2コ700円程度の緑シーサー。
我が家にもあります。家を守ってくれているのかは不明。


 しばらく清水は『ハイサイおじさん』をエンドレスで歌っていた。(125行目)

曲名は有名なのに曲調は思い出せない、幻の名曲より。
沖縄の音楽は独特の雰囲気があります。


 古代の中国に炮烙という刑罰があった。(140行目)

本当にあった大陸の怖い刑罰。
漫画版・封神演義から引用するつもりが調べてみると別物で驚きました。


 ヒューマノイドちんすこうはやる気十分である。(150行目)

ハルヒネタ。シーサーを投げてくる犯人に対して戦う意志を示す清水。
長門さんは一部で人気ですね。


 今日の天満橋は暑くもなく寒くもなく、蚊もいない小春日和。
 (中略)私は昼食を食べにインド料理店へ向かった。
(158・159行目)

栗山、作戦開始。行きつけのお店を勝手に使いました。美味しいところです。
Bセットも本当にあります。
もっとも、最近はもっと豪華なAセットの方にシフトしてます。


 安くて美味しいのはこの街では当たり前だ。(162行目)

生まれてこのかたずっと大阪ですが、いまだにクソまずい店には当たってません。
値段と美味しさはある程度は比例しないというのが基本にあります。
要は美味いもんは美味い。


 ミミガーチップを私の背中に触れないように突きつけていた。(177行目)

沖縄名産。川村千秋の攻撃武器。
爆発力が低いのでマシンガン的な運用が基本。


 大和では、心中ものが、流行している、らしい、よ。(217行目)

大和=本州。近松門左衛門の曽根崎心中とか。
「おもろさうし」は実在する琉球王国の文献。かたかな書き。
内容は創作です。そもそも23巻なんて存在しません。


 またFSBとかいう組織(234行目)

ロシアの諜報部。KGBの後継組織であり名原を追っている。
どうやら彼はチェチェンあたりでも色々やっていたようです。
さすがにアフガン侵攻は年齢が合いませんね。


 豊かなアルカイックスマイルを見せてくれた。(248行目)

仏像の微笑み。川村の入院について聞かれた時の清水の表情。


 マイクロウージーを持った男を見たので(257行目)

某イスラエル製の超小型サブマシンガンより。
名原の書き置き。モサド確定。


 おっと、誰か来たようだ。また会おう。(262)

ロシアンジョーク・アネクドートより。ドアを叩く音を聞いたときに使う言葉。
元ネタはKGBやチェーカーがやってきたことへの隠喩。
この場合はモサドかFSBか大阪府警か。


 ちゅっ。(288行目)
 ドーン。(295行目)

お後がよろしいようで。



なんでしょう、みなもと太郎先生の「風雲児たち」の巻末ネタ注をマネしたかっただけなんですけど、予想外にネタが少なくて焦りました。
そもそも凄く文章が下手ですよね。自分で言うのもなんですけど。
半年前のものを見るとそのように感じられるのか……殿堂入りだなんて信じられません。

なんだか誤字や言葉足らずを直した改訂版を作りたくなってきたぞ。
でもそこはぐっと堪えて、新作の肥やしにしようと企む所沢でした。
23 : 42 : 21 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<清算の日(突撃VS) | ホーム | 【小説】がんじがらめ爆発>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://naisyodazo.blog35.fc2.com/tb.php/510-5daace7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

羊ケ丘クリキントン

Author:羊ケ丘クリキントン
 赤いサンタクロース。

 基本は突撃!ファミコンウォーズシリーズの攻略ブログだったんですけど、もう見る影もないような。
 攻略情報は残してあるので「突撃」カテゴリからどうぞ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

カウンター

設置平成17年9月19日

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。